M&Aのメリットを知ろう|企業の後継人がいないならココ

男性

会社を大きくする方法

男性女性

合併と統合をするメリット

m&aとは、複数の企業を一つの企業として統合することや、別の企業が株式や買い取って買収することを指します。また買い取った会社を子会社化として経営をしていくことを言います。株式を譲渡することのみでm&aを成立させることができ、それぞれの会社の形や形態は従来のままで親会社と子会社という関係を作ることができます。また現在は契約上での提携を行うことができますが、株式を企業の50%を保有することで経営権を得ることもできるため、改めて契約を結ばずにm&aを行なっている企業も増加しています。また、会社を合併したからといって、直ぐに組織や文化を変えることを必要としないこともメリットであると言えます。近年でも、大きな話題としてあったm&aを行なった会社として、大手車の販売会社が別な車販売会社を子会社として買収して、会社の経営不振を救ったことは記憶に新しいと思います。このように会社の経営不振を救うことにも繋がるため会社の両方にとっても良い方向に向き、今後の経営に大きくプラスに働くことになると思います。また、m&aをする大きなメリットして経営を行なっていく中で親会社と子会社での技術提携を行うことで、開発製品の品質向上にもつなげることができ、それぞれの販売戦略にもよくなるでしょう。双方の会社が納得をいく経営を行なっていくためにも、一方的に変えて行かずに、お互いの社長が話し合いを繰り返しながら妥協点を見つけて経営を行なっていくことが大事になってきます。