M&Aのメリットを知ろう|企業の後継人がいないならココ

男性

企業合併・買収の流れ

男女

長い道のりを誠実に

企業合併・買収のことをm&aといいますが、m&aを行うにはどのような手順を踏めばいいのかを紐解いていきます。まずは合併・買収先企業の選定と接触です。会社をどのようにしていきたいかによって、相手企業の選び方は違っていきます。相手先との接触は仲介会社や金融機関の助けをかりるなど、あらゆる人脈を駆使します。相手企業が興味を示し、先に進めることになれば経営トップ同士の面談を行ったり、買収額の目安の提示などの具体的な話を詰め、大筋で合意すれば「基本合意書」を締結します。売り手、買い手ともに現時点で合意している条件を記し、独占交渉権の付与、交渉期間を定めていきます。法的拘束力はありませんが、今後の交渉をスムーズにするためにも重要なものです。次に、「デューデリジェンス」を実施します。これは買い手側の公認会計士や弁護士による調査で、このm&aが財務、法律面でどのようなリスクがあるのか、それが許容できるものなのかを調査します。その結果、m&aを断念せざるを得ない場合や買収額の減額といったことも発生しますが、リスク回避のためには致し方ないと割り切るべきでしょう。デューデリジェンスの結果に基づき、m&aの可否や再交渉の必要性の判断を行い、売り手、買い手ともにm&aの条件に合意すれば、いよいよ「最終譲渡契約書」の締結に運ぶことが出来ます。先ほどの基本合意書とは違い、法的拘束力が発生するものです。その後、財務上の処理や株券などの引き渡しなどの事務処理が完結すれば、「クロージング」になり、m&aは成立するわけです。このようにm&aは自社にとっても相手先にとっても今後の行方を左右するものです。そのため双方ともに抱えきれないリスクを負うことなく、将来の発展のために誠実に交渉し、締結していくことが大切です。