M&Aのメリットを知ろう|企業の後継人がいないならココ

メンズ
ハンドシェイク

事業をまとめる際の取引

m&aは経営者同士の対等な取引であるがためにディスカッションが熱くなってしまいます。事業同士の統廃合、売買契約であるm&aを行う際の基礎知識として仲介人の存在は必要不可欠であることをしっかり知っておくべきなのです。

男性女性

会社を大きくする方法

m&aは、企業間で統合や買収を行うことであり、主に株式を購入することで行うことで親会社と子会社の関係になって経営を行うことです。技術提携を行うことで双方の開発製品の向上にもつなげることができ、他の販売競争にも有利に戦っていくことができます。

男女

企業合併・買収の流れ

m&aの一連の流れとしては、相手先企業の選定から始まり、人脈を駆使して相手先と接触し、大筋の合意が得られれば基本合意書を締結します。次にデューデリジェンスを実施して財務・法律面でのリスクを調査し、双方合意できる内容となれば最終譲渡契約書を締結し、財務・事務処理の後にクロージングへ向かいます。

企業買収について

ビル

企業が買収を行う理由

企業が買収を行う理由にはいくつかのメリットがあるからです。どのようなメリットがあるかみていきましょう。まず事業規模の拡大です。同じ様な業態の企業を買収する事で買収先の持つシェアを自社に取り込む事ができます。買収先と上手く噛み合う事ができれば自社の長所と買収先の長所がシナジー効果を生みだします。例えば東京でだけ人気のスーパーマーケットが北海道に進出したい場合に、北海道で知名度のあるスーパーマーケットを買収してシェアを広げます。この際に東京のお店では今まで買え無かった北海道の限定商品が買えたりする様にお互いの長所を生かして事業を行うのです。次に事業の多角化を考えた場合のメリットです。企業が多角化したい場合に、進出したい事業の専門に特化した技術やシェアが自社に無ければ、他者を買収しましょう。専門に特化した企業をM&Aしてしまえば、スムーズに事業に進出する事ができます。事業の多角化に似た動機として新しい事業に進出する場合にも同じ事が言えます。例えば薬局が、本を一緒に売ったらお互いの利益がのびるかもしれないと考えた場合に、薬局しか経験のない無い事業主が本屋をM&Aして本屋のノウハウを買い取るのです。そうする事で事業の多角化及び、新しい事業への進出がスムーズに行えます。ここまでM&Aのメリットを挙げてきましたが、全てに共通する最大のメリットは時間の短縮です。新しい事を始めると必ず時間がかかります。事業の立ち上げから従業員の養成まで一気に時間を短縮できるのがM&Aの大きなメリットです。M&Aをする事で会社の規模、時価総額、業態が大きくなります。大きな規模の会社をまとめ上げ、先を見据えたM&Aを上手く行えるのは優秀な経営者の証拠でもあります。